2010年06月03日

はじめに

 ワタシが東京近郊の某パン屋に嫁いではや10年。すっかりおかみさんになっているかといえば、全然そうでもない。二人の子供の出産・育児や自分の健康上の問題などで、最近はほとんど店に出ていない始末。それでも仕事について何も考えていないわけではなく、将来の夢は一人前にある。それは、カフェをつくること。将来店に出したいものを自宅のキッチンで試作する日々だ。
 それはさておき、ワタシの昔の夢はキッチンに住むことだった。独身の頃には、ケーキを創るために実家を出てアパートを借りた。そこは8畳くらいのワンルームで、隅にキッチンセットがあり、部屋全体でまさに「キッチン」だった。ワタシはそこをアトリエにし、アルバイトの時間以外はとにかくケーキをつくった。つくって、つくって・・・キッチンの隅のベッドで冷蔵庫の音をききながら寝た。そんな生活をしながら、アルバイト先のパン屋の息子(彼)と結婚。そして、パン屋のお嫁さんになった。
 それからは、仕事・出産・育児に追われ、新しくものをつくりだす機会が極端に減った。でも最近は、仕事として店にも出ていないし、子供たちも少し手が離れ、またものづくりの虫が騒ぎだしつつある。そして子育てをしながら、新しく夢もできた。それは、カフェをつくること。母としての体験から、若い子育て世代向きのカフェをつくりたいと思うようになった。「夢はみるものではなく、目標である。」と言っていたのは、だれだったか?ホントにその通り!がんばるのみです。
 ワタシにとって子供たちはつくることへのハングリーさとインスピレーションをくれる大事な存在。うちの犬、ベイ(ボーダーコリー♂8カ月)もたくさんのヒントをくれる。さあ、今日は何をつくろう・・・

    これがベイです。 

100411_1635_0001.jpg

 
posted by mako at 14:56| Comment(2) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。